美容皮膚科でアートメイク

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美容皮膚科で行われているアートメイクとは、最近汗や洗顔をしても取れないメイクのことを言います。皮膚の表皮に安全な成分の薬剤によって着色していくメイクです。大体3年前後持続することができ、それによってメイク時間も時短できることでも人気があります。アートメイクを施す部分としてはアイライン部分、眉、唇ライン、唇が主に施術として行われる部分ですが、特に眉のアートメイクはとても人気があります。

眉ラインはその日によって形が一定にならないと悩む人も多いはず。そんな人にとってアートメイクは毎日同じ眉ラインでいられることが最大の魅力です。眉ラインを基本にパウダーを軽く乗せるだけでキレイな眉ラインが簡単に再現できます。ただし年齢が高くなるにつれて顔全体にたるみが出るため、若い頃の眉の形がずっと良い状態とは限りません。他の部分も年齢とともに、そのときにあったメイクあるはず。でもアートメイクは皮膚の浅いところに色を入れ込むため、個人差はありますが大体1~3年で消えていくため、安心して年齢にあったメイクが施せるのです。

朝のメイクを短く、簡単に終えたい人、すっぴんでもきれいでいたい人、眉の形が好きでないので半分以上剃ってしまっている人、いつも眉が同じようにうまく書けない人、スポーツをしているためメイクが落ちてしまう人などにもおすすめです。美容皮膚科で行うアートメイクは、とてもナチュラルにその人の顔立ちを美しく引き立ててくれます。