知っておきたいこと

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

アートメイクは肌の浅い部分に体に安全なカラーを入れていく施術ですが、痛いことはないのでしょうか。痛みについての不安が多いアートメイクですが、もちろん肌に損傷を与えることなので痛みがないとは言えません。ただし眉などの部分は皮膚がとても厚いので麻酔クリームでほとんど痛みの軽減はできると言われています。また美容皮膚科なら医療機関なのでハリを使用した神経切断などの局部麻酔も使用できるので痛みはとても軽く、ほとんど感じられません。

次に持続期間についてですが、顔も若いままではなく、だんだん垂れてくるため永久にカラーが取れないのもよくありません。個人差がありますが、平均的には2~4年と考えていいでしょう。長持ちさせたいときには、1年に1回程度のメンテナンスを行うことをおすすめします。

そして当然リスクも知っておきたいもの。ただしリスクは個人個人まったく違うので、このようなことが起こるとは言い切れないのです。術後腫れや赤みが出るときも。しかし美容皮膚科で行う場合は、クリニックなので薬も揃っており、即座に対応できるので安心です。そして美容皮膚科を選ぶなら、経験の豊富なクリニックがおすすめ。しっかりチェックし、カウンセリングをしっかり行ってくれるクリニックを利用したいものです。

≪参照サイト≫アートメイク

こんなメリットが

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

アートメークというと眉、唇、アイラインが人気です。眉の場合、自分の思った形に眉が生えていない場合もあります。そんなときには薄場所にカラーを入れてバランスの良い眉を作ることもできます。また多くの人の悩みとして、いつも同じかたちの眉を描くことができないということがあります。

そんな悩みもクリア。カラーを薄めに入れて、その上にメイクをすればナチュラルな眉が毎日簡単に描くことができます。またもともとの眉の形が顔に合わず、半分以上剃っているという場合も、理想の形にカラーを入れておけば毎日メイク時間が短縮されるはずです。

他にも唇の色が悪い人には唇のアートメイクがおすすめです。また唇のラインがしっかりしていない人はラインにカラーを入れるだけで、思ったような唇を作ることができます。口角が下がっている人は整形手術で口角を高くする方法より安全です。全体のイメージをキュッと引き締めることができるのです。他にもアイラインのカラーメイクも人気です。洗顔したらまったく違う顔になってしまったという人も多いはず。アイラインのアートメイクをしておくだけで素顔もバッチリ、自信が持てるでしょう。他にも乳輪や頭皮にもアートメイクを施すことができます。

美容皮膚科でアートメイク

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美容皮膚科で行われているアートメイクとは、最近汗や洗顔をしても取れないメイクのことを言います。皮膚の表皮に安全な成分の薬剤によって着色していくメイクです。大体3年前後持続することができ、それによってメイク時間も時短できることでも人気があります。アートメイクを施す部分としてはアイライン部分、眉、唇ライン、唇が主に施術として行われる部分ですが、特に眉のアートメイクはとても人気があります。

眉ラインはその日によって形が一定にならないと悩む人も多いはず。そんな人にとってアートメイクは毎日同じ眉ラインでいられることが最大の魅力です。眉ラインを基本にパウダーを軽く乗せるだけでキレイな眉ラインが簡単に再現できます。ただし年齢が高くなるにつれて顔全体にたるみが出るため、若い頃の眉の形がずっと良い状態とは限りません。他の部分も年齢とともに、そのときにあったメイクあるはず。でもアートメイクは皮膚の浅いところに色を入れ込むため、個人差はありますが大体1~3年で消えていくため、安心して年齢にあったメイクが施せるのです。

朝のメイクを短く、簡単に終えたい人、すっぴんでもきれいでいたい人、眉の形が好きでないので半分以上剃ってしまっている人、いつも眉が同じようにうまく書けない人、スポーツをしているためメイクが落ちてしまう人などにもおすすめです。美容皮膚科で行うアートメイクは、とてもナチュラルにその人の顔立ちを美しく引き立ててくれます。